保険点数が低い

日本人男性の約6割~7割の男性は、何かしらの包茎だというようにいわれています。
包茎というものは、世間一般の考えからしても、決して良い評判が聞かれるようなものではありません。
包茎による弊害を簡単に挙げてみますと、「早漏」、「臭い」、「病気」などなど、他人に面倒向って言われたら必ずといっていいほど傷つくようなことばかりです。
そのため、包茎で悩む男性は決して少なくはないのです。

上記の数字をみてもらってもわかるように、過半数以上の男性が包茎に値しますので、包茎での悩みを抱える人数の多さは一目瞭然かと思われます。
そのため、今では盛んに包茎手術という包茎の治療が行われています。
とはいえ、包茎手術にはそれなりの費用が掛かってしまいます。
一般の生活を送っている人にとっては、そう簡単に手術へと踏み込める金額ではありません。

その中で、比較的に安い費用で抑えて手術をする方法というのは、やはり保険を使っての手術しかないように感じます。
「仮性包茎」の場合となると、保険は一切適用されませんので、上記のようなことには該当されませんが、「真性包茎」や「カントン包茎」というのは、日常生活に支障が出てしまいますので、国も病気の一つとして認めているのです。

しかし、この保険を使っての手術にはそれなりにデメリットも生じてくるのも事実です。
全ての医療行為には、必ず保険点数というものがつけられています。
その点数によって、病院側は後日、国からお金がもらえる仕組みになっています。

その点数なのですが、包茎治療は他の病気と違い、点数自体が低く設定されているのです。
そのため、一日にたくさんの手術を行わないことには病院側もお金にならないといわれていますので、やはりそれなりのずさんな治療という弊害は否めないとされているのです。


▽推薦サイト
痛みや出血も殆どなく日帰りで包茎の手術が受けれるクリニックのサイトです ⇒ 包茎の手術